ブログトップ

***Skip***

skip1117.exblog.jp

鳥山高史 個展作品


Skipに初めて来られ 古道具を見、何かを感じたかのように 鳥山さんの脳が騒ぎ始めたのを感じました。

それが この作品となって現われました。


鳥山さんのブログより

Skip-糸
徐玲炉より出て3時間後のカタチ。
やっと Skipさんでの個展で表現したい伝えたい事の作品が姿を現す。

今日の与えられた時間は一分一秒無駄に出来ない。
独立して初めて味わうこの感覚。
脳の神経細胞が熱を持ち始めている。


律を破る
18年前、東京で吹きガラスを始めた頃の感覚を呼び覚ます。
現在の型吹きガラスの技法ではなく、
宙吹きガラスの方法だった。
4年後、型吹きガラスの方法で製作するようになって、昨年度までそれを律の様に
守ってきた。
それを根底から覆す作業を行う。

今、徐冷炉から87度のガラスを取り出し、常温になるのを待っている。
18年前の溶けたガラスに振り回されていた形ではなくなって、
1200度のガラスをコントロールできている技量に、
過去には戻れない寂しさと、年月を重ねた上にしか現れない造形の美しさを見ることができる。
奇跡的にここまで歩んでこれた感謝の気持ちが湧いてくる。

そんな特別な思いの個展がはじまります。

………………
ありがたい言葉を頂いた作品です。
22日まで web shop でも販売しています。
e0024402_224777.jpg

[PR]
by skip1117 | 2013-06-10 21:58 | 企画展
<< カッティングコースター 鳥山高史 個展 >>